ぶどう防除歴(甲斐路)


散布時期 薬剤名 希釈 100L
調合量
散布量
10a
病害虫発生状況 注意事項
3月下旬〜
4月上旬
(発芽前)
ベンレート水和剤
加用石灰硫黄合剤
サントクテン40
200〜500倍
20倍
3,000倍
500g
5L
35cc
300L 越冬病菌、害虫
黒とう病、つる割病、
晩腐病、カイガラムシ類
1.コナカイガラムシの多い場合は粗皮はぎを必ず行う。
2.ベンレート水和剤を先に水に溶かし硫黄合剤を加用。
3.晩腐病多発園では、トップジンMペースト3倍液を塗布。
5月上旬
(展葉5〜6枚)
ランマンフロアブル
加用ミクロデナポン
2,000倍
1,000倍
50g
100g
300L べと病、黒とう病、
つる割病
1.べと病防除の最も重要な時期であるから散布開始が遅れないようにする。
5月中旬
(展葉10枚)
リドミルMZ水和剤
加用モスピラン水溶剤
1,000倍
2,000倍
100g
50g
300L べと病、黒とう病
アブラムシ
コナカイガラ、スリップス
1.黒とう病の発生園ではマネージDF4,000倍を用いる。
この時期よりカメムシの発生が予想される場合はアルバリン顆粒水和剤2,000倍を散布する
開花始めからヨーヒB5を500〜800倍で2〜3回混用。
(ホウ素欠乏による不完全花、及び落蕾防止)
コナカイガラムシの多い場合はアプロードフロアブル1,000倍を用いる。
5月下旬
(開花前)
ジマンダイセンフロアブル
加用スイッチ顆粒又はフルピカFL
800倍
2,000倍
125cc
70g
300L 黒とう・べと・灰色かび病
コナカイガラ、アブラムシ
スリップス
6月上旬
(落花直後)
アミスターフロアブル 1,000倍 300cc 100L 灰色かび病、べと病、
黒とう病、うどんこ病
1.花かすが残ると腐敗果の原因、ていねいに落とす。
2.裂果、腐敗果防止の為早くから摘粒し、薬剤が十分
穂軸にかかるようにする。
花かす落としを励行する。
6月中旬 スプラサイド水和剤
加用ストロビードライフロアブル
1,500倍
2,000倍
70g
50g
300L べと病、黒とう病、
うどんこ病、晩腐病、
コナカイガラムシ
1.コナカイガラムシ、ロウムシには、スイプラサイド水1,500倍を直前混用する。
2.べと病の発生の見られる園では、ホライズンDF 2,500倍を用いる。
3.この時期の散布が遅れると汚染するので注意する。
6月中旬
(小豆大)
4-4ボルドー液
加用 バリアード顆粒水和剤
2,000倍 50g 300L 1.大豆大以降のボルドー液は果実を汚すので遅れないようにする。
2.スリップスの発生が多い場合は、袋かけ前にアドマイヤーフロアブル4,000倍を用いる。
カサカケ
7月上、中旬
(袋かけ直後)
4-4式ボルドー液又はICボルドー66D
加用モスピラン水溶剤
 40倍
2,000倍
50cc 400L べと病、晩腐病、
スリップス
7月下旬 4-4式ボルドー液又はICボルドー66D
加用アドマイヤーフロアブル
40倍
5,000倍
20g 400L べと病
スリップス
コナカイガラムシの多い場合は、スプラサイド1,500倍を単用する。
8月下旬 早生甲斐路(除袋直前)
ボルドー液又はICボルドー66D
加用アディオンFL
 40倍
1,500倍
70cc 400L べと病、さび病、スリップス
ボドウトラカミキリ産卵期
1.棚上からも十分散布する。
2.べと病の発生の多い場合は、除袋後もボルドー液の棚上散布を行う。
10 9月上旬 甲斐路(除袋直前)
ボルドー液又はIC66D
加用スミチオン水
40倍
1,000倍
400L さび病、べと病、黒とう病
スリップス
ブドウトラカミキリ産卵期
11 9月下旬 早生甲斐路(収穫後)
ボルドー液又は、ICボルドー66D
加用スミチオン乳剤
40倍
1,000倍
12 10月下旬〜
11月上旬
トラサイドA
アプローチBI
200倍
1,000倍
500cc
100cc
400L ブドウトラカミキリ幼虫期 1.古づるや新梢によくかかるように散布する。
2.ボーラーカット、マリックス乳剤 200倍を用いても良い。